大葉好きが作った、国産大葉がふわっと香るトマトソース

こんにちは、商品開発担当のmiyaです。
今日は、私の大好きな大葉を使ったトマトソースをご紹介します。

お刺身の添えものに、冷奴の豆腐の下に敷かれたり・・・と、味の引き立て役として和食には欠かせない大葉。名脇役として定評のあるこの香味野菜を主役に迎えたのが、国産大葉のトマトソースです。

「大葉好きの方に満足していただける味をつくりたい!」

と何度も試作を重ね、香りの良い大葉を厳選して使っています。

国産大葉のトマトソースを作る日は、工場中がとても良い香りに包まれます。
大葉の味わいがしっかりソースの中に溶けるようにと、大葉は全てみじん切りしていきます。切る前に比べ香りが何倍にも感じられ、その爽やかな香りにうっとりとしてしまいます。

大きな釜で、オリーブオイルでみじん切りにしたニンニクを香ばしく炒めます。玉ねぎを加え、ツンとした辛味が抜けるように炒めたところで、トマトや香辛料などを加えます。味付けのお塩にもこだわりが。 瀬戸内産の柔らかな味わいの藻塩を使い、素材の旨みと甘みを優しく引き立てます。主役となる国産大葉も加えて、じっくりと煮込みます。
コクが出るようにしっかりと、でも大葉の良い香りが飛ばないように、トマトのフレッシュ感が残るようにと、絶妙なタイミングを見極めながら、現場の職人たちは丁寧にソースを造り上げていきます。

ビンを開けた瞬間、大葉の爽やかな香りが広がります!

おすすめは、ひんやり冷製パスタ

温めて食べるのももちろん美味しいのですが、大葉の香り涼やかに感じていただけるよう、冷たく食べて頂くのがおすすめです。
カッペリーニなど細めのパスタを茹でた後に水でしゃっきりと締めて、トマトソースをそのままかけるだけ。
お好みで、刻んだ大葉やみょうがをのせても美味しいです。

トマトソースは、素麺にも合うんです・・・!

食欲が出ない暑い日には・・・そうめんも簡単で良いですよね。
めんつゆの味にも少し飽きてきたなーっていう時には、トマトソースを白だしと水で割って、トマトだれで食べるのがおすすめ!少し酸味もあるのでさっぱりと食べやすく、見た目にも華やかです。

トマトにも、だしにも、それぞれ旨味成分が含まれており、
しっかりとしたうまみを感じます。

これからの暑い時期には、
冷やしトマトソースを、ぜひお試しください。

この商品のページはこちら