秋の訪れ

こんにちは、プロモーターのkuboです。

お盆も終わり、涼しい日が増えてきました。
久世福商店を運営する私たちサンクゼールは
長野県の飯綱町、信濃町というところに工場や事務所を構えています。
今年の夏は、涼しいイメージの長野でも
とてもとても暑かったのですが、
だんだん涼しい風が吹くようになり、
パートナー(社員)の中にはすでに
おふとんを出しているおうちもあるそうです…!!

昼間にはまだまだセミの鳴き声が聞こえてきますが、
夕方になると秋の虫の鳴き声も聞こえてきます。
今日の出勤時には、事務所の玄関前でコオロギのような虫も
歩いているのを見かけ(イナゴかしら??)、
夏の終わり、
そしていよいよ秋の訪れを感じるようになりました。

そんな今日は、秋の訪れを愉しむ久世福の秋らしい味覚をご紹介します。


久世福の和ジャム 安納芋


秋と言えば、焼き芋!!!
そんな焼き芋をそのままジャムにしたのが、
こちらの「久世福の和ジャム 安納芋」です。

国産の安納芋を180℃~200℃で1時間以上かけて焼き芋にし、
それをペースト状にし、ジャムにしています。
パンに塗ってそのままでもおいしいですが、
やはり焼き芋らしく、トースターで焼くと
甘いにおいがふんわりと香り食欲をそそります。

また、ジャムとしてだけでなく、
簡単なお菓子作りとして、
タルト生地やパイ生地に合わせて
さつまいもペーストの代わりに使用するのもおすすめです。

和ジャムには
渋皮栗や…

紫芋など…

ほかにも秋らしい味覚もありますので、お好きな味を探してみてください。

次にご紹介するのが
海洋深層水使用 細切り芋けんぴ

以前、うまいもの探訪記でバイヤーのmuraさんが特集してくれました
こだわりの芋けんぴです。(記事はこちら)
海洋深層水を使っているからこそ、ほんのりとした塩味が残り
食べる手が止まらない、食欲の秋にぴったりな一品です。

そして、こちらも同じく
バイヤーmuraさんが特集したこだわりの品々。(記事はこちら)
葛ようかん 栗&柿



熊本県産の栗、奈良県産の柿をそれぞれつかった
昔ながらの製法の葛ようかんは
小さいながらも秋のよろこびを感じさせてくれます。

いかがでしたでしょうか。
まだまだ暑い日もありますが
少しずつ、秋は近づいてきています。
一足先に秋の味覚を愉しんでみてはいかがでしょうか。

◆◆予告◆◆
全国の久世福商店では
9月1日より「秋の実り」フェアを実施します。
今回ご紹介したもののほかにも、
季節限定の秋の味覚が登場します。
ぜひ、遊びに来てくださいね。

※店舗により、実施フェア内容・期間・お取扱い商品が異なる場合がございます。
詳細はお近くの店舗までお問い合わせください。