八十八夜―おいしいお茶の季節です―

皆様、「八十八夜」という言葉はご存知ですか?
八十八夜とは、立春から八十八日目にあたる日のことを指し、
今年は5月2日となります。

八十八夜=新茶の季節、というイメージもありますが、
新茶とはその年の新芽を採って作ったお茶のこと。
そのため、実際は気温差があるので
地域によって新茶の季節は異なります。

しかし、八十八夜に摘み取られたお茶は
長寿や無病息災など、縁起がいいとも言われています。
それは、立春から立夏直前までに春の気、春の生命力が
お茶につまっているからだそうです。

久世福商店でも、この時期、新茶フェアを行っています。

新茶は
・優しい味わいが特徴の知覧新茶(鹿児島県産)
・濃厚で特有の甘みがある八女新茶(福岡県産)
・渋みが少なく、香ばしい静岡新茶
の3種類。
それぞれ、収穫し次第の入荷となります。

また数量限定入荷で
新茶と合わせて食べたいお茶菓子も店頭に並んでいます。
こちらはバイヤーと企画担当者で試食に試食を重ね
納得のいく逸品を集めたおすすめの品ばかりです。
この時期ならではの味わいを、ぜひお楽しみください。

『新茶フェア』
全国の久世福商店で6月1日まで展開予定
※店舗によって、期間・フェア内容が異なりますので
詳細はお近くの店舗までお問い合わせください。
※対象商品の詳細につきましては店舗スタッフにお問い合わせください。
※新茶・お菓子ともに数量限定、なくなり次第終了となります。
あらかじめご了承ください。

 

商品ページはこちら