元気で健康なみつばちが美味しさの秘密!

 

おいしいはちみつを採るのが養蜂家の使命?!
もちろんそれはありますが、だからこそみつばちの健康を考えるのが養蜂業!

そのように教えて頂きました。
そんな愛ある養蜂家が作るはちみつを今回はご紹介します。

こだわりポイント①
みつばちは環境に敏感で農薬にもとても弱く、デリケートな生き物。
だからこそみつばちが生きる環境は、自然にもっとも近い場所が理想で、
その環境作りをすることがおいしいはちみつに繋がります。

こだわりポイント②
採れたものを濾過し、ボトリングしただけの純粋なはちみつ。
水分調整の加熱処理や作業効率化の為の加熱を一切していないので
自然のまま栄養、風味もそのままに商品化しています。


冬場など気温が下がった際には、どうしても結晶してしまうので、
湯煎しますが設定温度を35℃の低温で行います。
その35℃という温度はみつばちの巣箱内の平均温度なので
はちみつの風味や栄養の損失はほぼないと考えています。

~~

畑や森、自然が失われつつあるこの日本で採取される国産はちみつは貴重なもの。

コクのあるはちみつは、お料理にもより一層の風味をもたらすこと間違い無し!
ぜひ自然の恵みである「はちみつ」をぜひ日々の生活に取り入れてみてください。

私もはちみつは大好きで、はちみつとバターを混ぜてパンにつけて食べたり…
こんがり焼いたパンにはピッタリだな~って思います。