熟練職人の技『七輪手焼き 鶏の炭火焼き』

特製七輪で炭火焼き

久世福商店の『七輪手焼き 鶏の炭火焼き』は熟練の職人が炭火で丁寧に手焼きをしています。能登半島の珪藻土でつくられた大型の七輪を使って、最初から最後まで炭火で焼き上げます。

この七輪で火をおこすことで大量の遠赤外線が発生し、強い火力を継続させることができます。

強い火力と職人の巧みな技術が一体となって、一気に鶏肉を焼き上げることで肉の旨味が流れ出ることなく凝縮され、機械では出すことのできない絶妙な味わいを生んでいます。

 

焼き師は常に評価されている

職人の皆さんは一人で一日100kgもの鶏肉を焼いています。
これだけ多くの鶏肉を焼いていますが、流れ作業になってしまうことは絶対にありません。
もちろん人の手で製造しているため、焼き過ぎなどロスが生まれてしまうことがあります。

 

 

しかし、こちらの会社では焼き職人の出来高、ロスが記録され、日々の焼き業務の評価が見える形になっているのです。
その評価が職人の方のモチベーションとなり、高い意識を常に持って製造されています。

この仕組みがさらなる職人の技術向上につながり、品質の高い商品として皆さまにお届けすることができています。

おいしい食べ方

そんな職人のプライドが詰まった鶏の炭火焼、しっかりと炭火の香りが効いているので、おつまみにはもってこい。

焼酎やビール派にぴったりなのは塩・胡椒味とキムチ味、
ワインや日本酒派にはハーブ味と3種類の味がそろっています。

 

もちろんそのままでもいいですが、ちょっと一工夫。
アツアツご飯に鶏の炭火焼と大葉をのせて、お茶漬けに!

炊き込みご飯もおすすめ。炭火の香りがご飯にしみ込んで旨みが増し、何杯でも食べたくなります。

そんな『七輪手焼き 鶏の炭火焼き』はパックに詰めてからきちんと殺菌処理をして久世福商店に並びます。
常温保存ができて日持ちもするので、常備しておくと便利です!

この商品のページはこちら

価格:410円(税込)