つぶつぶの小さなかりんとうを練った飴で包んで、棒状に伸ばしてから、輪切りにした昔懐かしい一口サイズの可愛いお菓子。カリカリッとした程よい固さの食感が特徴です。

名前の由来は「天神様に奉納する棒菓子」が縮まって「奉天」と言われるようになったと言われています。

先日、久世福商店の奉天を製造するメーカーさんを訪ねました。
かりんとうを水飴で包み込む作業がとても重労働で、今や奉天だけを製造するメーカーは全国でほんの僅かだそうです。

奉天の定番といえば白い飴で包んだものですが、久世福では『抹茶ほうてん』をご用意しました。
原料に国産抹茶を使用しており、香ばしいかりんとう生地を、香り高い宇治の抹茶を練り込んだ有平糖で包み込みました。
すっと抜けるような甘さがとても上品です。

奉天のおいしい食べ方と言えばやっぱり日本茶。
新茶がおいしいこの季節ならではの味をお楽しみください。

※数量限定商品となっております。